「即興的に話す」から「即興的に書く」へ

 先日22日には、西多摩中学校教育研究会の英語研究部会様にお招きいただき、お話をさせていただきました。テーマが「即興性」ということで、時代に即したお題ではあるのですが、最近私に与えられたお座敷テーマ類を考えると、少し遠い感じもします。

 そんなわけで慌てて自分のブログ内の「話すこと」の記事をひっくり返してみたのですが、出てくるのは「2S1Q」や「2S3Q」など、初任校での実践ばかり。あの頃は、ペアやグループで即興的に話す活動をいろいろ考えてたなぁと思い出しました。その実践も、これから「即興」に取り組もうと考えている方々にはお役に立つかも知れませんね。

 さて、この「即興」ですけど、当然といえば当然なのですが、どれも即興的に「話すこと」の活動です。でも、即興的に「書くこと」だってありますよね?

 短いパッセージを読んでコメントを書く。届いたメッセージに返信する。どれも、下書きを書いたりすることなく、話すのとそれほどタイムラグがない感じで、文字で「即興的に」メッセージを伝えているじゃないですか。

 そう思って新学習指導要領解説を読み返してみるとキーワード検索してみると、1ヶ所だけ「即興」という言葉と「書くことを」を関連付けて書いている箇所を見つけました。

 

f:id:anfieldroad:20190824222154p:plain

 

 深い意味があって、文科がここにだけ「書いたり」という言葉を入れたのかどうかはわかりません。でも、さっき挙げたようなコメントを書いたり、メッセージを返信したりするような言語活動こそ、現代の子どもたちの英語の(もっと言えば言語の)リアルな使用場面なんじゃないですかね?

 facebookにコメントする、LINEに返信する、Amazonレビューを読んでコメントを書く、Twitterに投稿する。

 中1くらいではまだ文字のハードルが高く、話す活動のほうがスムーズかも知れませんが、中3くらいになると、習熟度の差も開くし、思春期ならではの照れなんかもあって、かえって文字でのコミュニケーションのほうがスムーズだったりします。文字なら、苦手な子もわからない語句を調べることもできるので、習熟度の差も埋められます。だから、私は「文字によるコミュニケーション」をもっと大事に扱ってほしいんです。

 ということで、少し前にエイゴラボという教科書準拠ワークの英作文問題を担当させてもらったんですが、ここではこういった「即興的に書く」活動をふんだんに取り入れています。ぜひご覧になっていただきたいです。

f:id:anfieldroad:20190824223036p:plain

f:id:anfieldroad:20190824223052p:plain

f:id:anfieldroad:20190824223102p:plain

   一昔前は、逆に「書くこと」のテスト問題なのに人が喋ってる吹き出しにセリフを書かせるような「ライティング問題」があったりして「スピーキングの代用としてのライティング」ばかり目についてそれはそれで気持ち悪かったのですが、SNSの発達により「限りなく話し言葉のライティング」というのがリアルな場面になってきたんだなぁと感じます。おもしろいですね。

久しぶりの「お祭り」

 なんだかんだ言って久しぶりのJASELE参戦となりました。大学院を経験して以来、中学校教員時代もできるだけ毎年行ってたんですけど、ここ1〜2年は行けてませんでした。ぼくの中でJASELEはお祭りなので、ほんとねぷた祭りでも見に行くような気持ちで行ってきました。

 もちろん、今回のJASELE参加は、自分にとってこれまでとは違う意味があります。大学教員となって、「教育」という部分ではなんとかスタートを切れた前期ではありましたが、「研究」面は全くといっていいほど後回し。そして、これまでのアカデミックな蓄積がない私にとっては、今後の研究のタネを探しに行くという大切な意味がありました。

 そういう意味で振り返ってみると、個別に巡回した研究発表のテーマ群に、私の現在の関心があるのだと思います。印象に残っているのは、「一貫性と結束性」「ライティングのフィードバック」「即興的な表現力」「ライティングの産出量」「ディクトグロス」「文法指導」というキーワード。

 一見バラバラに見えますが、今の私にひっかかるのはこういう言葉なんですね。書き出してみて、自分で改めて考えると面白いですね。ざっくり言えば、「(ディクトグロスみたいな)何らかのタスクを通して、特定の文法の定着度合いを高めたい」ということなんだと思いますが、TBLTの枠組みというより、文法がどんなふうに学習者に定着していくのか、という過程に関心があるのかも知れません。

 そういう意味では、1日目の最後にあった地区別のフォーラムで扱っていた「名詞句の定着」のお話がとても面白かったです。高校生に後置修飾がどの時期にどのくらい定着していくのかをつぶさに観察しているプロジェクトなんですけど、中学校で習う文法も高校3年間くらいをかけて緩やかに浸透していく、という当たり前といえば当たり前のことを、ちゃんと数字で示してくれていました。

 個人的には、自分がすごく大切だと思っている名詞句を全面的に取り上げてくれて嬉しいんですけど、一方でそんなに大事だと言っている名詞句を(冷静な調査のためとはいえ)明示的には指導しないであくまで自然に定着していくのを見守っている様子には歯がゆさも覚えます。文法練習でも読解練習でも、なんなら音読でも名詞句を取り出してトレーニングしていた自分の生徒たちであれば、もっと高い数値を出すと思うし、そういう方法を研究しないものか、とも思うのですが、プロジェクトに関わる方とお話をさせていただき、研究者が抑制的であるべき理由みたいなものをお伺いして、なるほどなぁとも思いました。(それについては、また別に機会に書こうと思います)

 そもそも修論を書いていた頃の自分も、「指導の効果」みたいな研究にはあまり興味が持てなくなっていました。指導法そのものの良し悪しよりも、指導者の力量の方が大きく影響しちゃいそうに思ってしまって、指導者を問わず生徒にとって重要な問題であるテスティング分野に関心が移って行ったのだと思います。そんなことを考えると、もっとシンプルに、生徒の学びの様子をそのまま記録するような研究に取り組んでみたいとも思うようになった今回の旅でした。

 さて、今回は自分が春に大学へ移ったこともあり、いろんな方々へのご挨拶も重要なミッションの1つでしたが、むしろいろんな方からお声かけいただき、大変恐縮してしまいました。たくさんの人に会えること(そして美味しいものを食べられること)が、やっぱりJASELEがぼくにとって「お祭り」である所以です。そういう意味では、今回もお祭りを楽しむことができました。ご一緒させていただいたみなさま、本当にありがとうございました。

f:id:anfieldroad:20190818172359j:plain

 

古巣での講演会

 昨日は、県の英語教育研究会の行事で、講演をさせていただきました。

 突然公立中学校教諭を辞めてしまった私に、登壇のお声をかけくださった(それを承認してくださった)方々に、本当に感謝です。お世話になった方々にもちゃんと直接ご報告をできないままに去ってしまったので、知っている方々ばかりいる会場に入ったときは、懐かしさと気まずさ半々だったのですが、本当にあたたかく迎え入れていただき、なんとか無事に講演をやりとげることができました。

 講演では、いつもの「意味順と名詞句」「機能語と内容語」の話をさせていただきました。他にもお話できるネタがないわけではないのですが、県内の多くの方々に一番お伝えしたいのはこれだなぁと思って、ある程度浸透するまではこのネタを続けようと思っていたので、今回県全体でのイベントでお話できたことはとても嬉しく思います。

 キーワードだけ見ると、マニアックな文法の話だと思われがちですが、個人的には教科書の扱いや表現活動の指導などのベースとなる、多くの人にかかわるコアなお話だと思っています。お聞きいただいた方々からは、そういう反応をいただけたので、ちゃんと伝わってるなぁと思って嬉しくなりました。

 せっかくなので、ダイジェスト版ですけどスライドを載せておきます。(こんな内容で私にお話させてくださる場所があれば、いつでもお伺いします)

f:id:anfieldroad:20190808072428p:plain

www.dropbox.com

 今回は自分が昨年度まで一員だった団体でお話させていただいたので、前半はお世話になった方々の思い出話。というか、私がブログでご紹介している活動やアイデアは、どれも地域の先輩方から教わったネタばかり。私がご紹介したネタも、気に入ったものは若い先生方に取り入れていただいて、それをカスタマイズして、進化させて、使っていただけたら嬉しいです。


 あ、そうそう、昨日のスライドにも入れたのですが、全国学力調査の結果について、NHKのNEWS WATCH9で取り上げられたた際の記事、ひどいですよね。

f:id:anfieldroad:20190808072637p:plain

 じゃあ、あなたはいつ三単現のsを完全に落とさずに英語がしゃべれるようになったのですか?(そもそもなっているのですか?)と問いたいですよね。いろんな研究で、なかなか定着しないものの代表としてよく取り上げられる項目なのに、「基本的な問題」ってずいぶんミスリード。

 いや、コミュニケーション万歳な世の中に「文法も大事だよ」と訴えたい意図なら面白いんですけど、そういうことでもなさそうです。全体的に日本の英語教育残念、という論調です。

www9.nhk.or.jp

 本当の意味での基礎・基本ってなんだろう?ということを、昨日はみなさんに考えてもらいました。教員間でも結構ブレがあるので(多少のブレはあっていいですけど、幅が大きすぎるので)もっと共有されていくべき話題だと思っています。

 じゃないと、世間とはもっと共有されていかないですよね。

配布ファイルの再アップロード要請はこちらに!

 前にもご案内しましたが、当ブログ「英語教育2.0」(類似品にご注意ください)は、2019年1月1日に現在のURLに移転しました。それは、ずっと使っていた「はてなダイアリー」というサービスが終了したため、同系列の「はてなブログ」というサービスへの移行を余儀なくされたからです。それにともない、「はてなダイアリー」でのファイルのダウンロードができなくなってしました。

 現在はDropboxの共有機能を使っての再配布の作業をしておりますが、なにぶん10年以上も続いているブログですので、どの記事のどのファイルがリンク切れしているのか、よくわかりません。(現時点ではほとんどDLできないと思います)

 そこで、記事をお読みのみなさんが気づいたリンク切れがありましたら、この記事のコメント欄に「◯◯のファイルがDLできないよ!」とお知らせいただけたら幸いです。需要のあるやつから、順次再配布をしていきたいと思っています。どうぞ遠慮せずに、「このファイル欲しい!」とお知らせください。

 問題は、古いファイルだと私が原本を無くしている、という恐ろしい可能性もあります。なにせ、私自身が、自分のブログからDLして授業で使っていることも多かったので、あのファイルが消えちゃって一番困っているのは私だったりするので。

 反対に、私が「このファイル持ってる人いませんか?」なんてお尋ねすることもあるかもしれませんが、そんな時はもしお持ちでしたら助けていただきたいです。

f:id:anfieldroad:20190624231636j:plain

一番人気で一番古いワークシート「ドラ◯もんの前置詞講座」

 

指導案はA4版一枚にまとめなさい

 今週は教育実習生の授業を参観しに、公立中学校に2校を訪問してきました。

 いやー、中学生かわいいですね。見慣れぬ参観者にそわそわしてしまったり、挨拶に来てくれたり、どちらも素直でよさそうな中学生たちでした。日頃から関わっている先生方のご指導の賜物だと思います。そういう学校で実習ができて彼らは幸せですね。

 さて、それぞれの授業に対するコメントは、本人たちには伝えたし、あとでゼミ生や教職履修者たちと一緒にビデオを見ながらいろいろ考えようと思うのでそこで詳しく語りますが、共通して話題にしたことは、その日扱った新出文型を意味ある状況で使わせていたかどうかということ。

 まぁ、文法項目によっては、教室で使うのはかえって不自然なものもあるだろうけど、今回はどちらもそういうことを考えられる文法でした。(1年生What time is it now?と2年生May I〜? / Could you〜?)

 さらに欲張れば、練習にゲーム性たタスク性をもたせていたかどうか、ですね。思わず何度も使ってしまいたくなる、使っているうちにその表現を自然に覚えてしまうようなゲーム性。その表現を使うことで、使った人が何か生きた情報を得られたり、情報を得ることで何か新たなことがわかるようなタスク性。

 こういう仕掛けを活動や授業に作れるかどうかが面白いんだけど、どうしても学生は授業を開始0分から考え始めがちなので、面白いゴールを設定できない(もしくはたどり着けない)傾向があります。本当は授業開始50分の時点、つまり終了のチャイムが鳴る時に、生徒がどういう状態になっているか、から考えることをスタートするべきですね。ゴールから逆算して授業をデザインする「設計図」が必要になります。

 「学習指導案」はどうしても項目の建て方や文言の書き方みたいなところにそれぞれの所属する地域・教科・宗派の宗教じみた「正しさ」を求めるところがあって書くのも書かせるのもあんまり好きにはなれないんですけど、そういう「設計図」としての指導案にはすごく意味があると思います。

 でもそれだったら、もっとシンプルな設計図にしてみませんか。

 

f:id:anfieldroad:20190608133217p:plain

 こちらはいわゆる正式な学習指導案ではなくて、そのエッセンスだけをA4版1枚にまとめた「れっすん・れしぴ」です。私の県の5年次研修の指導者(当時の県指導主事)が研修生に書かせていました。

 どの教科の人が見てもわかる、保護者や生徒が見てもわかる、というのがいいですね。そして書き手も指導案の軸になる部分が整理されるので、正式な指導案を(それぞれの宗派のルールに従って)書く段にも、この「れっすん・れしぴ」を先に書いておけば、スムーズに作成できると思います。

 「今日の目標」を決めたら、それを本時の中で「どう測るか」「どうなっていればBか」というのをまず決めます。赤枠のところですね。あとはそれを授業の中のどこに位置づけるか、そのために全体をどういう流れにするか、Bにたどり着けなかった生徒にはどういうフォローをするか、を完結に書くだけ。

 長々とした指導案を年に1枚書くんだったら、こういうのを頻繁に書くほうがよっぽど力になると思います。こういうのが広がっていくといいんだけどなぁ。(この指導主事の方がのちに管理職として着任した中学校では、指導案はぜんぶA4版1枚のれしぴにしたそうです。)

 当時流行っていたこういう本が懐かしいです。 

仕事はA4一枚でまとめなさい (ポケット版)

仕事はA4一枚でまとめなさい (ポケット版)

 
情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

 

 

授業を録画するのに最適なビデオカメラ探しの旅

 ずっと悩んでたんですけど、ビデオカメラを買いました。あんまり持っている方は少ないと思いますが、我ながらシブいのを選んじゃいました。

ZOOM ズーム 4Kハンディビデオレコーダー Q2n-4K

ZOOM ズーム 4Kハンディビデオレコーダー Q2n-4K

 

 主な使用目的は授業のビデオ録画です。大学に籍を移したので、いろいろな方の授業を参観させていただく機会がつくれたらと考えているのですが、その際に記録として授業を録画させていただくのに、いいビデオカメラがないかなと思っていろいろ検討していたんです。

 画質はいいに越したことはないのですが、その後のビデオファイルの取扱いを考えると、むやみにファイルサイズが大きくなっちゃうのは避けたいところ。またファイル形式もMacで取り扱いやすいものがいいなと思います。このカメラではMOVとMP4が選べるのでピッタリかなと。

 次にこだわったのは画角。教室全体が画面に収まるものがいいなと思って、広角150°のワイドレンズなこちらを選びました。ちなみにズームや手ぶれ補正はほぼ関係ないので、今回はまったく気にしてないです。

 反対にこだわったのは音質。映像よりむしろ教師や生徒の発話をしっかり記録に残したいですから。こちらは録音レベルをツマミでアナログにコントールできて、音声のみを録音するリニアPCMレコーダーとしても利用可能なレベル。ビデオカメラに高性能マイクを付けることも考えましたが、こちらは「高性能マイクにカメラも付いている」という感じの商品ですね。

 サイズ感はこんな感じ。500mlペットボトルとの比較。

f:id:anfieldroad:20190604121552j:plain

 十分小さくて、軽くて、安い(20,000円ちょい)ので満足です。さっそく試し撮りしてみましたけど、画質は今回の目的としては十分なレベルです。あ、単3乾電池2本で動くのも魅力的です。

 今回は画角へのこだわりから普通のビデオカメラは除外して、ギークなカメラを中心に選んでました。持ち運びも考えて、候補にしてたのはGoProをはじめとしたアクションカメラ。

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

 
ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2

 

  どれも画角が広くて小さいので魅力的だったのですが、高価(45,000〜90,000円)なのと、バッテリーがもたないのと、充実した手ブレ防止機能は今回の使用目的ではほとんど意味がないので、今回は見送りました。(普通にガジェットとしてはめちゃくちゃ欲しい!)

 あ、あと一緒に買った三脚も、一脚にも自撮り棒にもトランスフォームする1台3役で、すごく便利です。おすすめ。

 さっそく今週の教科教育法の授業で。学生の模擬授業を録画するのに使ってみましたが、いいですね。マイクロSDカードにアダプタ挿して取り込むのがちょっとだけ面倒だけど、まぁお仕事用なので、 割り切って使います。

 明日はゼミ生が実習生としてお世話になっている中学校に、研究授業を参観しに行ってきます。1時間フルに録画してみる最初のチャンス! 楽しみです。

 というか、中学校の教室が久しぶり過ぎて今からドキドキです。実習生押しのけて授業やりたくなっちゃったらどうしようw

過去形の定着をねらったアクティビティを考える

 教科教育法の1つでは、過去形の定着を目指すためのアクティビティーを学生に考えてもらって、模擬授業をしてもらいました。活動は、ドリル的な形式練習でもいいし、過去形を使ってコミュニケーションをする練習でもオーケー。自分たちで目的を持って設定するように指示しました。結構面白い活動をやってくれたので、いくつかご紹介。

 

【ペア1】「私はだあれ?」

 4人組になり、1人が配られたカードを自分の頭の上で(自分では見えないようにして)掲げます。周りの人にもヒントカードが配られるので、一人ずつヒントとなる英文(過去形)を読み上げます。それを自分に配られたカードが誰だかを当てる、という活動です。過去形が自然に使えるように「徳川家康」とか「福沢諭吉」など歴史上の人物を答えにしてました。

f:id:anfieldroad:20190601101438j:plain

 これ、仕組み面白いですよね。インディアン・ポーカー形式というか、情報のギャップをうまく使っています。

 私からのアドバイスとしては、(1)ヒントカードにほぼ英文が書いてあるのでこれをキーワードだけにすれば、自力で考えるいい練習になること、(2)1つめのヒントで分かってしまうと、3人めの人が英文を言う意味合いがなくなってしまうので、3人ヒントが言い終わってから答えを言ってもらう、などを伝えました。

 また、活動量を増やすためだったら、思い切ってその絵を背中にセロテープで貼ってしまって、お互いに自分のことを周りの人に聞きあう活動にしたほうが、待っている人が少なくて活動量が増えるかな、なんてお話をしました。

  

【ペア2】「即興で感想ドリル」

 Did youの質問が10個くらい書かれたリストを配ります。2人組で、1人がDid you〜?で質問をすると、もう1人がYes, I did.で応じて、その感想を言う、という活動です。質問内容に合わせてふさわしい形容詞を選ぶ練習でもあるんだけど、形容詞によってはIt was...になる場合とI was....になる場合があるので、その区別も練習する場面に。形容詞のリストも用意してました。

f:id:anfieldroad:20190601102742j:plain

 全員Yesと答えさせるところまでは自動的で、その先が練習というところが面白いですね。Q&Aのところはみんなが「できること」が前提になるので、自然と頑張らないといけなくなります。(そこをしっかり練習することが大切ですね)

 難しそうなのはIt wasとI wasの区別なので、配布する形容詞リストでそのへんを明示的に区別しちゃったほうが親切だったかな。

  

【ペア3】「伝言ゲーム」

 先頭の生徒は前に行って英文を見て覚えてきます。その英文は現在形で書かれているので、これを過去形にして、次の人に音声で伝えます。これをもう何回か繰り返して、最後の人は黒板に英文を書く、という活動。

f:id:anfieldroad:20190601102914j:plain

 何問もやる中で順番は交換するので、全員が現在形→過去形にするステップは経験できるのがいいですね。last nightなど時間を表す副詞句の位置を変えたり、主語の名詞句を長くしたりすると少し負荷がかかって面白いですね。

 最初の生徒が英文を読めるか、最後の生徒が英語を書けるか、が時にハードルが高くなってしまうので、団体戦の場合は配慮が必要。誰かに助けを求められるセーフティー・ネットが用意されているといいけど、全部頼ってしまったらゲーム性もなくなるので加減が難しいですね。

 

 ということで、他にもいろいろあったのですけど、とりあえず3つご紹介。今回の狙いは、「よい活動を考えられるか」より「わかりやすい指示で活動させられるか」だったので、活動の質は二の次だったんですけど、みんないろいろ面白いのを考えてきてくれたので、活動の質を上げるためのフィードバックもじっくりしてしまいました。

 教科教育法ではどの学年の授業でも、まず評価の話から始めています。「どういう状態になっていればいいか」と「それをどう測るか」をまず考えた上で、「その力をどうつけるか」を考えて、そのためのアクティビティーを作ろう、という話をしています。学生なりに目的をもって活動を考えているなぁというのは感じました。あとはゲーム性だったり、コミュニケーションができた感じを味わわせる仕組みだったりの「ちょい足し」だけです。(でも、そこがキモなんですけどね)

 私が中学生に教える機会がなくなっちゃって寂しいのですが、学生と一緒に考えた活動などをここで少しでもご紹介できればいいなと思っています。少しでも先生方のヒントになるものをお示しできればいいなと願っています。