『これからの英語の文字指導ー書きやすく 読みやすく』手島良(研究社)

 手島良先生から新著『これからの英語の文字指導』(研究社)をご恵贈いただきました。直接の面識はないものの、ブログや共通する知人(私からすればお師匠)などを通して私の存在を知ってくださっていたようで、このたびは私にまでお心遣いをいただきました。ありがとうございます。

これからの英語の文字指導 ??書きやすく 読みやすく

これからの英語の文字指導 ??書きやすく 読みやすく

 

  幸運なことにずいぶん早い段階で手に入れていたにもかかわらず、ご紹介するのが遅くなってしまって申し訳ないです。まだ全部は読み終わってませんが、現段階での感想などを綴っておこうと思います。とはいえ、焦って紹介する必要がないほど、普遍的な内容がつまった本だとも思います。

 手島先生の前著「発音本」も重宝していたのですが、今回の「文字本」も、英語教師必携の1冊になると思います。今までなんとなく書かせていた英語の文字が、生徒にとってはこれだけ高い壁になっていて、その壁を超えるための方策がこんなにたくさんあるのだと改めて気付かされました。先日小学校で文字指導をした際には、(自己流ではありましたが)鉛筆の動かし方のトレーニングをやってみたのですが、これがとても面白かった! この本ではそんなトレーニング法が段階的にいくつも提案されていて、そのためのワークシートも全部ダウンロードできます。すごい。

 発音とか文字みたいなことって、マニアックとか些末なことではなくて、結局そういうところでつまづいている学習者が多いわけで、素地とか基礎とかいうなら、そういうのをしっかりやるべきですよね。そして、そういう指導ができる教師が小中学校には必要です。今後、文字指導が本格的に小学校段階に降りていくのだとしたら、小学校の先生にもぜひ読んでいただきたいです。本当はそういう専門性を持った人が、小学校で文字指導するべきだと私は思っています。でも普段小1にひらがなを教えている小学校の先生方なら、興味を持って読める本だと思います。

 個人的にはフォントについてのページが大変興味深いです。私のように元々フォント好きとかでなくても、学習者のことを考えてワークシートにComic Sansとかを使ってる先生方は多いと思うので、一歩踏み込んで(有料フォントですが)Sassoonなどに挑戦してもらえたら嬉しいです。

f:id:anfieldroad:20190219204406p:plain

 ホントはそういう有料フォントをちゃんと学校の教師用コンピュータにインストールするような「支援」こそ、行政に期待したいところですよね。とはいえ、それだってまずは教師側から要請しないと実現しないことだと思うので、教師がそういう知識を持っていることが大切だと思います。

  ちなみに以前から松井先生にSassoon系フォントをオススメしていただいていたのですが、私は買う際に松井先生いわく「妥協の産物」であるSassoon Sansを選んでしまいました。他のSassoon系は小文字fの上下が長かったり、生徒に書かせている字体とは異なると思ったからです。その点USは、巷にあふれる、教師が生徒に実際書かせている字体に一番近いからこれなら生徒が戸惑わないだろうという「配慮」が働いたんですけど、そもそも生徒に書かせる字体を変えないかそういう余計な配慮がいつまでも必要になるんだな、と気づきました。本末転倒でした。

 そういう意味では、この本を読んだ先生方が市販の残念なペンマンシップ教材に見切りをつけて、手島先生のワークシートをダウンロードして使うようになったら、やがて市販の教材も「ちゃんとしたもの」になっていくんじゃないかな、と思います。良貨が悪貨に駆逐される、その前に。

 この本を通して「専門性」の大切さを感じました。この分野のことはこの人に聞け、と言えてしまうほどの知識の深さと技能の高さ、そしてそれをわかりやすく伝える力こそ「専門性」と呼べるものだと思います。手島先生の「専門性」が詰まった1冊だと思います。自分には何かそういうものがあるのか。将来そう言えるようになるものを持てるのか。考えさせられた1冊でした。とはいえ、文字指導のあれこれは、特殊なスキルではなく、まさに教師としてのミニマル・エッセンシャルなんだと思います。勉強になりました。

 ちなみに手島先生の前著「発音本」はこちら。

NHKCD BOOK 新基礎英語3 英語の発音・ルールブック つづりで身につく発音のコツ (NHK CD BOOK―新基礎英語)

NHKCD BOOK 新基礎英語3 英語の発音・ルールブック つづりで身につく発音のコツ (NHK CD BOOK―新基礎英語)

 

ALTの素敵なイラストがスピーキングタスクを加速する

 ペンタスロンは昨日で最終回(第5回)を迎えて終了。みんなよく頑張っていました。

 Speakingセッションでは、ALTが5〜6人の生徒と英会話を楽しんでいました。毎回「お題」を設定して、ALTがうまくいろんな生徒に話を振りながら会話を続けるんですけど、そのお題を提示するのにトピックカードみたいなのを作っておいてね、と言っておいたら裏紙にキーワードを書いてたんだけど、苦手な子にもわかりやすいようにささっと描いたイラストも添えてくれました。

f:id:anfieldroad:20190213132643j:plain

f:id:anfieldroad:20190213132637j:plain

 最初は誰でも話しやすいように、現在形で語れる"favorite"を共有。次は未来表現を使わせる、という設定。(あ、ALTがテーマも設定してくれています) もともとオーストラリアの学校で美術や建築デザインを教えていた方なので、だんだんトピックカードに気合が入ってきて、いつも手に持っているスケッチブックを使い始めました(笑) そしたら、クオリティが高い高い!((((;゚Д゚))))

f:id:anfieldroad:20190213132622j:plain

f:id:anfieldroad:20190213132633j:plain

 話し手がすごくインスパイアされますよね! お題もゆるやかに難しくなってきていて、Children's Storiesはなんかは、自分たちで選んだ日本の物語をみんなで協力してALTに説明する、というナラティブなタスク。これを、意味順間違えたりするとALTがわざと大げさにリアクションしたりして、意味伝達の楽しさを十分に味わえるタスクになってました。The peach cut the old lady.が飛び出したり、 おばあさんをgrandmotherと言ったために自分のおばあちゃんのお話だと勘違いされたり、楽しいw

f:id:anfieldroad:20190213132628j:plain

 そして最終回は、春先にオーストラリアに一時帰国する際、買って行く家族へのおみやげリコメンド大作戦。先週リアルに相談されたので、「生徒に聞いてみなよ」と言っておいたら、授業のタスクになってましたw

 これも自分たちで勝手に挙げた「扇子」やら「こけし」を、必死に英語でdescribe する羽目になって、(自分たちで選んだので)やらされ感もなく頑張ってました。

 最終的には、授業の最後に「どの班のオススメが気に入った?」「どの物語をちゃんと読んでみたいと思った?」と「役に立ったレビュー」をALTに選ばせたりしたので、期せずしてかなり本格的な「タスク」になったなと思います。

 私も絵を描くのは好きなんですが、上手なイラストって、いいですねw 今回は率直に「すごい!」と感動しています。

 生徒は話せた節数(「だれが」「するです」を含むもの)をカウントしてるんだけど、積極的に話そうとする生徒が増えたなぁと思います。

また行きたいな、いわき

 祝日の月曜日は、福島県いわき市に行ってきました。

f:id:anfieldroad:20190211112645j:plain

 朝の東京は雪が降っていて、途中の水戸も結構降っていたのですが、福島は曇り。それほど寒くなく、無事に会場に行くことができました。

 今回はieTeachersという集まりに参加してきました。福島県の先生方が熱心に学び合う集まりです。前々から行ってみたいと思ってましたが、ついに実現しました。

 テーマは「読み手を意識したライティング指導」ということで、「ポケモンライティング」や「COSMOS」「My Unlucky Day」のような生徒を読み手に設定したリーディングがセットになったライティング活動や、「Project I」「Dictogloss」「4コマ英訳」のような、書くべき内容を生徒に考えさせずに与えてしまうライティング活動をご紹介しました。それぞれ、コミュニケーションとしてのライティングとトレーニングとしてのライティングです。活動単品としてのご紹介だけでなく、どのタイミングで、どういう活動を組み込んでいくといいのか、というデザインのお話もさせていただきました。

f:id:anfieldroad:20190212231710p:plain

 そして、いつもの「料理とお皿」の話。意味順と名詞句を「幹と枝」に例えた話。このへんは、経験をある程度積んだ先生方のほうが、深く頷いてくださるように思います。

 今回感じたのは、もともとブログを読んでいてくださった方が結構参加されていて、それぞれの活動については何かしらご存知である方もいらっしゃったにもかかわらず、みなさんとても熱心に話を聞いてくださっていて、それぞれ話を聞くことで「初めてわかった!」みたいなことがあった、ということです。文字も面白いんですけど、やっぱり直接お話して伝えるって大切なんだな、と感じました。

 また、今回はzoomというアプリでネット中継もしていただきました。沖縄や山口にいらっしゃる方が、「ご参加」いただいていました。時空を超えて、お話をお伝えできるって、すごいですよね。こういうICT機器が、地域格差みたいなものを取り除いていく可能性を感じました。

 日帰りで福島は弾丸でしたけど、とっても学びのある1日でした。わざわざ都内から駆けつけてくださった方もいて恐縮だったのですが、埼玉でもサークルやってますので(しかも参加費100円!)今度はそっちにも来てくださると嬉しいなぁ(笑)

f:id:anfieldroad:20190211085839j:plain

雪の中を走る特急「ひたち」



大学入試改革は「まだ引き返せる」

 東大に行ってきました。初めての赤門。

f:id:anfieldroad:20190211094547j:plain

 こちらのシンポジウムに参加しました。大学入試を巡って紛糾する英語試験にまつわる東大シンポジウム第2弾。申し込み開始からあっという間に満席になっちゃったのですが、奇跡的に本会場の席が取れました。

f:id:anfieldroad:20190211094728j:plain

 私は中学校教師ですから、日頃大学入試に関わる指導をしているわけでもありませんし、高校の指導の実態を把握しているわけでもありませんが、昨年担任した生徒たちが新入試一期生になるのでこの問題に対してそれなりに関心があります。

 シンポジウムの中身については、いろいろな人がつぶやいてますし、充実した「まとめ」なんかもありますので、そちらをご覧になっていただければと思います。

togetter.com

 文科省の方やG◯ECの中の人を呼んだりしてた前回とは違って、今回は全体的に「慎重派」「反対派」の方がキャスティングされていた会だったかと思います。会場に来ていたのはやはり「慎重派」「反対派」の方々が多かったのだと思います。

 日頃お世話になっているあの方やあの方も登壇されていたので、私は個人的に楽しくお話を伺わせていただきましたが、組織として意思決定する人々、そして現場で生徒と向き合って指導する人々それぞれの決意というか、強い思いを感じることができました。特に石井副学長の「まだ引き返せると思っています」はとても心強いお言葉です。

 私自身は「慎重派」です。高校でも4技能を扱うべきですし、そういう授業が多くなればいいなと思っていますが、そのために入試に外部試験を利用する、というのは筋違いだと思っています。

 入試に関して言えば、一律に外部試験を使うのではなく、必要な大学・学部・学科が二次試験として英語面接を実施すればよいと思います。外部試験のスコアを求めたい学科は求めてもいいと思います。全員に求める必要はないでしょう。そもそも50万人が公平に試験を受けられる環境がまだ整っていないですから。

 入試が変われば授業が変わる、という言説にも懐疑的です。大学入試にリスニングが入ったときに高校の授業は音声重視になったのでしょうか? TOEIC対策が増えて大学の授業はコミュニカティブになったのでしょうか? 現在のGTECのスピーキング問題なんかをみると、ああいう形式の問題に対してパターンを教え込んで「対策」をするだけでそれなりに効果が出るでしょうから、入試対策だけをやってきたような先生が授業スタイルを変える理由にはならないと思います。

 実際、入試制度が変わって授業スタイルが変化したという事例データは、ないと思います。先日もfacebookで推進派の先生にそのへんをご質問させていただきましたが、ご返答いただけませんでした。そうなるんじゃないか、という思い込み(期待)だけで推進してしまうと大変危険だと思います。

 そして「推進派」の方々は、「慎重派」や「反対派」の人たちを「既得権益にしがみつく抵抗勢力」と分断します。その論法が何より残念に思います。「慎重派」の先生方の中には授業でどの技能も大切に指導されていて、いわゆる推進派という方々よりもさらに素晴らしい実践をされている方もいらっしゃるのに。

 「推進派」がまず手を組むべきは、外部試験業者ではなく、そういう授業をしている「慎重派」の先生方だと思います。一番の問題は、推進派と慎重派の先生方がじっくり話し合いをしてこなかったところにあります。現実的に各高校で外部試験に対する対応や授業のやり方について決めなければならなくなって、それぞれの高校の英語科部会でもしかしたら衝突が起こっているのかも知れませんが、「もう決まったのだから」とか「文科省が言ってるんだから」といった言葉で議論を遮るようなことがないことを祈ります。

 私は最近「推進派」の意見を生で聞いてみたい、私の意見に対するコメントを聞いてみたい、と空気を読まずに(大変ご迷惑をおかけしております)推進派の方々に近づいてはお話させていたくようにしています。だから昨日のシンポジウムについても、「推進派」の先生方のご意見をぜひ伺いたいです。

 今からでも遅すぎることはないと思います。それぞれの立場の方の考えを冷静にぶつけ合う場があればと思っています。この記事のコメント欄をそのような場として使っていただいても構いませんので、よかったらみなさまのご意見もお寄せいただければと思います。

2019年2月例会のご案内

 本当に最近は不定期開催になってしまいましたが、今月はやります。1週間後の日曜日なので、直前のご案内になってしまってすみません。

f:id:anfieldroad:20190210095254p:plain

 今月は音読をテーマに「お稽古」と「シェア」をしましょう。生徒が聞き取りやすい、真似しやすい音読ができるように練習しましょう。4月から初めてor久しぶりに教壇に立たれる学生さんや育休明けの方々のご参加もお待ちしております。

 また、いろんな音読練習のアイディアもシェアしましょう。私もいくつかワークシートをお持ちします。(10部印刷して持ってきてくださった方は、参加費無料になります!) 

 今月は実験的に、いつもの春日部市中央公民館(八木崎)ではなく、南越谷公民館パレットで開催します。ご参加される方はお間違えのないよう、ご注意ください。

 開催日も迫っていますので、こちらの案内画像は自由にシェアしていただいたり、印刷して配布していただたりすると嬉しいです。

 お申込みは http://bit.ly/ohUVez から。お待ちしております。

小学校での「出前授業」で何を教える?何を伝える?

 今日は小学校で「出前授業」をしてきました。

 1学期にも1回やったんですけど、そのときはアルファベットの「名前」と「あだ名(呼び名)」ということで、アブクド読みみたいなのをちょっとだけやったんですけど、今回は小学校の先生から、

 (1)生徒同士が英語でやりとりする活動

 (2)中学校流の歌詞カードを使っての英語の歌

 (3)文字指導

の3つをやってほしいと言われてたので、一応その3つを私なりに考えた授業をやってみました。しかし45分は短い!(笑)

 (1)に関しては少し説明が必要で、勤務地の小学校ではインプット重視の英語活動をやっていて、基本的に生徒に無理やり英語を言わせる活動はしません。教師のリピートすらさせません。やりとりを繰り返しながらたくさん聞かせたり、自然と真似して(結果的にリピートっぽく)言わせたりするような、かなりレベルの高い活動をされています。

 そんな中、あえて、ではあるのですが、少し追い込んで言わせてみるような活動をちょっとだけ体験。といっても、いつもやっている一人ひとりが質問に答える「Sit Downゲーム」をアレンジして、いつもの先生役(質問役)を生徒にもやってもらう方式なので、そこまで強制されてる感はないと思うのですが。Whichを使って、「たけのこの里」「きのこの山」対決!

f:id:anfieldroad:20190207143409j:plain

 クラス全員の意見を聞いてみたら、そしたら思いのほか大接戦になって、最後は参観してた教頭先生にまで質問してなんとか決着。盛り上がりました。英語で質問し合って、その結果「何かがわかる」っていうのは達成感がありますね。

 (2)は15分くらいしかなかったので、U.S.A.のサビだけ練習しました。文字を見せながら、音がつながるところをローマ字的に理解してもらおうと、スライドを使って歌詞を見せながら練習しました。

f:id:anfieldroad:20190207213218p:plain

 なんども繰り返し、文字を見せながら歌わせて、なんとかサビが口ずさめるようになったかな。このスライドを印刷して配ったので、気になる子は家でも練習してくれるといいな。それこそ、文字の強みですから。

 (3)は、文字指導というレベルのことじゃないんですけど、えんぴつを使って英語の文字っぽい曲線を書くことに慣れてもらう、というレベルの練習をやりました。実物を置いてきちゃったので、明日以降に写真はアップしますが、線と線の間に横に向かって螺旋状の線を書いて(描いて)いく練習や、mの文字を右にそのまま果てしなくつなげていく練習などをやりました。

f:id:anfieldroad:20190212193707j:plain

 どうしても力を入れて、ぶつ切りの文字を書いてしまいがちな入門期に、少し力を抜いてえんぴつを動かす感覚を覚えてもらえればとやってみました。やっていくうちに子どもたちの線も少しずつ変わっていったので、今度はもう少しじっくり時間をかけてやってみたいですね。

 最後に、真ん中だけ高さの違う4線を使って、自分の名前をローマ字で書いてもらって、「いつもより綺麗に名前が書けたでしょう?なんでだと思う?」と理由を考えてもらいました。こんな感じのやつ↓

f:id:anfieldroad:20190207213842p:plain

 すると高さの違いに気づいてくれた子がいたので、「そうだね、真ん中をふっくら豊かに書いてくれると、綺麗な字になるよ!」というアドバイスをして、本日の出前授業は終了。慌ただしくはありましたが、それぞれ一応ねらいは達成できたかな、と思います。

 小6のこの時期に何かを伝えるのって難しいんですけど、少しでも中学校の英語の授業を楽しみにして過ごしてくれると嬉しいです。

今週末、福島でライティングを語ります

 直前の告知で申し訳ありませんが、久しぶりのお座敷情報です。

f:id:anfieldroad:20190206215739j:plain

 福島の畏友、松本先生が主宰しているieTeachersという集まりで、今度の三連休の最終日に「読み手を意識したライティング活動」というテーマでお話させていただきます。埼玉周辺の方は難しいかとは思いますが、いわき周辺の方でご都合がつく方がいらっしゃったらこの機会に足をお運びいただければと思います。。

 一応、私がこれまでにやってきた「答えのある英作文」「読み手のいる英作文」「紙上Twitter」などの様々なライティング活動を紹介します。またその土台となる「意味順」を用いた作文指導についても触れようかと思っています。

 いわき市に行くのは初めてですけど、みなさんいつも熱心に学び合っている集まりだと聞いてますので、お伺いするのが楽しみです。

 

1 日時  平成31年2月11日(月)13:00〜16:00
2 会場  磐城緑蔭中学校・高等学校
      http://www.ryokuin.ed.jp
3 内容  「読み手を意識したライティング指導」
4 会費  2、000円
5 その他 いわき駅周辺で懇親会あり

 

 あ、すっかり不定期開催になっちゃってますけど、埼玉でもいつものサークルを今月はやる予定です。2月17日(日)の午後です。場所は越谷市を予定しています。詳しいことは、明日か明後日に改めて告知いたします。こちらもどうぞよろしくお願いします。