『学校でしなやかに生きるということ』石川晋

 

学校でしなやかに生きるということ

学校でしなやかに生きるということ

 

 

なんというか、中学校教員を退職して半年ですが、はじめて退職しちゃったことを少し後悔しました。それくらい、まだまだ「公立中学校でできること」はあるよなぁ、と再確認。同時に、国語教師っていいなぁ、と思いました。

 

この本は北海道の公立中学校で長年教壇に立たれていた石川先生が、雑誌に連載していたものを再構成したものです。連載時のタイトルは「公立中学校でしなやかに生きること」でした。元々は、亘理センセが紹介してくれていた新刊が気になってたんですが、どうやらその前編に当たる本があるというのを知って、こっちを先に買いました。

 

石川先生のお名前は、いろいろなところで見かけていたものの、文章を読むのは実は初めて。文章そのものが「しなやか」で、流れるようなんだけど、あちこちで引っかかる何かがある。子どもを見つめるまなざしがどこまでも優しいんだけど、生徒に寄り過ぎていない(暑苦しくない)絶妙なバランス。ああ、ぼくの目指していたところだなぁ。ふだんは読むのが遅い私も、長い通勤時間を使って一気に読み終えてしまいました。

 

私も、公立の中学校の中で、ずっと違和感を抱えながら仕事をしてきて、その違和感を自分なりに別の新しい形にしていくことが自分のライフワークだったのだと思います。でも、それをさらに「しなやか」にそして「したたか」に実現している石川先生の実践に心打たれました。もちろん、その裏にいろんな葛藤があって、泥臭いやりとりがあって、いろんなことが成立しているんだけど、それがどれだけ大変かが想像できるので、本当にすごいなぁと思うのです。

 

自分は、いち担任としてやっていた頃は、本当に自分の好きなようにやらせてっもらってたのですが(その頃に石川実践とか岩瀬実践とかを学びたかった!)、学年主任等になってからは中途半端にバランスとか公平性みたいなものを変に意識し過ぎてしまい、思い切ったことができない自分に歯がゆさを感じていました。だからこそ、石川先生の「それらすべてを含めて仕事というんだよ」という言葉に頭をガツンと殴られました。ああ、ぼくは十分に闘ってなかったんだな、って。

 

そういう意味で、この本にあと5年早く出会っていたら、今の自分はまた違った人生を歩んでいたかもしれません。それくらい個人的には衝撃を受けた一冊でした。

 

「選択教科」とか「雑談」とか、共感できるお話もいっぱいなのですが、それ以上に「そうか、その先にはこんな景色が広がっていたのか」と感じることができるエピソードがたくさんあります。この「エピソードの力」は、私も2冊の本を書きながらずっと感じていたことで、いまだにブログに綴ろうとしている理由でもありますので、さまざまなエピソードの中に「全体」と「個」が見えてくる文章に感銘を受けます。

  

成長する英語教師をめざして―新人教師・学生時代に読んでおきたい教師の語り

成長する英語教師をめざして―新人教師・学生時代に読んでおきたい教師の語り

 
英語教師は楽しい―迷い始めたあなたのための教師の語り

英語教師は楽しい―迷い始めたあなたのための教師の語り

 

 

石川先生にとって学級通信がそうであったように、この本も「誰か」に向けて個別に書かれたんじゃないかな、と思ってしまいます。そして、それは多くの教師の中の「今の自分」のために書かれたんじゃないか、と思えてしまうところに、この本のすごさがあるし、個人的なライフステージも含めて「今の私」がたまたまそれを受け取れるフェーズにあったんだろうなという偶然にも感謝をしたいです。

 

最新刊も買ってあるので、読むのが楽しみなんですが、一気に読んでしまうのはなんかもったいないので、別の本を挟んでから読もうかな(笑)

 

学校とゆるやかに伴走するということ

学校とゆるやかに伴走するということ

 

 

教師として求められる授業内の英語スキルを段階的に

前期は右も左も分からないまま授業がスタートしたので、本当に毎日が自転車操業でした。前任の方のを参考にシラバスは作ってみたものの、学生の持っている力や興味・関心はわかってなかったので、本当に探り探り進めてた感じです。

 

少し前の記事で「話すこと」における「即興」と「準備あり」について、整理してみましたけど、あれが割と好評で、多くの人に読んでいただけました。(ちなみに大臣へのコメント記事はさらに多くの方に読まれたんですけど、英語教員以外にも届いたようでいろんなコメントがついてため息が出ます…)

 

 

で、この分類眺めてたら、今授業準備で練り直してた教科教育法のシラバスと突然つながりました。あ、「教師としての授業内での英語スキル」も同じように分類できそうだ,って。

 

それで思いつきで書いてみたのが下の図です。

f:id:anfieldroad:20190906153112j:plain

手書きでごめんなさい。本当に思いつきなんです。

 

「準備あり」のところはさらに2つに分かれてますけど、これは話すべき内容がすでにある原稿か、自分で書くかの違い。2人以上のところが分かれてるのは、インタラクションの相手が教師(ALT)か生徒かという違い。

 

教科教育法の授業は、大学2・3年生に対して通算4コマの授業をしています。2年生に前後期1コマずつ、3年生も同様です。その計4つのコマ(2年間)を通して、英語運用能力というか、英語授業の運営に必要な教師としての英語能力を身につけてもらう実技タスクを課していて、「教科書音読」から「オーラルイントロ」までいろいろやっています。

 

今回、この表に整理してみたことで、それぞれの実技タスクの難易度というか、チャレンジングなところがどこなのかを把握できた感じがするので、もう一回シラバスにうまく組み込んでみました。

f:id:anfieldroad:20190906153426j:plain

まぁ、授業の中で全部できるわけでもないので、系統立ててやるとしたらこんな感じかな。1から4まで少しずつ負荷をかけていければと思います。これとは別に、模擬授業もやっているので、そこで扱えることもあるから、トータルで全部をカバーできているかなと思います。

 

基本的な考え方としては、「原稿がすでにあるものを正確に」からスタートして「原稿は自分で書いて正確に」→「原稿通りでやり取りを」→「原稿どおりに行くとは限らないけど適切に」に向かっていきます。ああ、これって自分が中学生に指導していたときの流れと同じだなぁ、というのが今日の結論。

 

 

テキストエディタをUlyssesにしてみた

通勤電車の中でTak.さんの『書くための名前のない技術』を読みました。

書くための名前のない技術 case 1  佐々木正悟さん

書くための名前のない技術 case 1  佐々木正悟さん

 

佐々木正悟さんへのインタビューが収録され、そこから見える佐々木さんの「書き方」をTak.さんが掘り起こす試み。見えない書き手の頭の中を探ることは、英語教育というか作文教育にもつながるのでとても興味深く読みました。まぁ、佐々木さんはやや(とても?)特殊かなとも思うけど、一方で佐々木さんの言う、途中で何かひらめいちゃって今までのが古く見えちゃうって感覚はよくわかる。面白かったです。

 

で、読んでて一番気になったのは、書くためのツールとして何を使うかということ。これまで自分でもずいぶんいろいろ試したのだけど、まだまだ定まらないところなんです。

 

そもそも、私はまとまった文章を書くならMacBook Proでないとダメな人間でした。物理キーボートがあってもiPadやiPhoneではどうしても書けない。これホント不思議なんですけど、何故かダメなんです。

 

でも、最近それは克服してきました。長い通勤時間を使って、書きたいときに書かなきゃなと思うようになって、あとはたぶん今のiPad Airにつけたキーボード付きカバーの打鍵感がなかなか良くて、初めてiPadでも書けるかも、という感覚が芽生えつつあります。

そんな中で、 少し前からWorkFlowyを使い始めて、これが結構便利。Twitter感覚で好き勝手書いた後、並べ替えたり、整理したりして、まとめていく。アイデア・ジェネレイトはここでできる感覚があります。ただ、ここで文章を綺麗に整えようとか、記事にしようとすると結構難しいので、結局Apple純正メモ帳にコピペして、そこで文章として整えていくことにになります。

 

本当はScrapboxもうまく使いたいんですけど、Web依存なので意外と不便な時があります。(通勤の電車内は「都内に入るあたりで」圏外になるのですw) でもまぁScrapboxは、大学の授業で資料や授業メモを学生と共有するのに大活躍してるので、とりあえずそっちで使い倒します。

 

ここでApple純正メモ帳を使っている理由は、単にMacBook等で勝手に同期できるから。それ以外のエディタとしての使い勝手は物足りない。そこで、Ulyssesに手を出しました。

 

f:id:anfieldroad:20190903154720j:plain

 

なにぶんサブスクリプションで1ヶ月550円もするので、ちょっと躊躇したんですけど、まぁ文章を書くのは自分の仕事の大きな1つになってきているので、必要経費かな、と。Tak.流のWord使いも気になるんですけど、Wordにはつらい思い出が多くて…。最終的にはWord等への書き出しもスムーズなようなので、Ulyssesよさそうです。

 

とはいえ、まだ使い始めたばかり。手始めに適当に書き始めたのがこのブログ記事になります。何がいいって言葉にしづらいんですが、快適です。UIがシンプルで、文章を書くのを妨げるものが少ない、という感じかな。

 

とりあえず、ブログ記事と、活字原稿の記事はここで書こうと思います。あとは、文献のレビューとか、論文の元になるようなメモも、ここに蓄積していこうかなと思います。いちいちファイル名をつけて、別々に保存しなくていいというのが楽だし、自分のテキストデータは基本的にここにある、と思えるようになるかで使い込めたら便利でしょうね。

私が文部科学大臣にTwitterでしつこく絡む理由

 ここのところ続けざまに文部科学大臣に向けてTwitterで呟き続けているので、呆れている人もいるかと思います。大臣の一連のツイートが本当に許せなくて、怒りに任せて書いています。

  これは中高6年間学校で英語を勉強してきてもビジネスレベルでは喋れなかった、という一般人のつぶやきに対する大臣のお返事です。だからここで「それ」が表しているのは、そういう個々の残念な英語力、あるいは学校英語の現状、ということなんでしょう。

 でも、そもそもこれ、文部科学大臣言いますか? だって、学校教育、あるいは文科行政の責任者なんですよ。「十分に力をつけてあげられなくてごめんなさい」だったらまだわかるけど。

 ここで大臣が言う「それを作ってきた人たち」というのは、文科省が進める英語教育政策、というか今回の大学入試改革、もっと言えば入試への民間検定活用に反対する人たちを指しています。「文科省は悪くない。お前らが『それ』を作ってきたんだ!」と。つまり「犯人」を吊し上げているんです。自分の意見に反対している人たちこそ犯人だ、と。

 ぼくはこれがものすごく許せないわけです。
 だって、これまで(その人が文部科学大臣になるずっと前から)文科行政のために力を尽くしてくれた多くの人たちにまったくリスペクトがないんです。現場で中高生に英語を教えている人たちは、これを聞いてどう思うと考えてるんでしょうね。まさにそういう現場の先生方を「それを作ってきた人たち」と言ってるのと同じなのに。

 じゃあ、文科省は何をしてきたのか?(あるいはしてきてないのか?)

 

 今回の改革は4技能4技能と聞こえはいいけど、そもそも文科省は全然予算を取っていないから、結局受験生が民間試験の受験料を払ったり、それにそなえてベ◯ッセなどの模試を受けるためにお金を払ったりと負担をする仕組みなわけです。自分たちは何もしてないのに、頑張っている人たちや色々な知恵を持ち寄ってくれる「専門家」を悪者にしています。

 じゃあ大臣が考える「専門家」って誰なのか?

 でもこれ、WEDGEという雑誌の特集ですけど、この特集で紹介されている「エキスパート」は3人で、そのうち2人は反対してる。たった1人の賛成者(しかも文科省の委員)の記事だけ切り取って、「エキスパートはこう言っている」と言ってるわけです。

 Twitterで見ている限り、大きな声で「賛成!」って言っている英語教育関係者は、たいてい個人塾とかで個別指導や少人数指導で英会話を教えている人たちです。彼らがそう主張すること自体は別に構わないし自然なことなんだけど、それじゃあ文科省は彼らと同じ環境を全国の中高の教室に作ってくれたんですか?と問いたいです。

 だから冒頭の投稿で大臣が言うべきは、「学校の先生方は頑張ってくれてたんだけど、4技能じっくり育てるんだったら、やっぱり1クラス40人とかじゃ難しいよね。文科省としてクラスサイズ小さくしたり、先生増やしたりしてあげられなくて、十分な英語教育を提供してあげあられなくてごめんね」でしょう?

 財務省と戦って、そういう予算勝ち取ってくるのが文科省のお仕事です。その上で結果を出せなければ教師が叩かれるのは仕方ないですけど、そういう環境を作ってもらってない。それでも今ある環境でのベストを尽くして、現場はそれぞれ「それ」を作ってきたわけです。

 40人の教室で頑張ってきた人たちを「それを作ってきた人たち」と罵り、恵まれた環境で教えてきた民間の人たちを「専門家」と崇めるなんてありえない。それならそういう民間の方々を公立中学校に派遣して、一年間部活顧問とか学級担任とかやりながら、英語の授業頑張ってもらいましょうよ。日本の英語教育にプラスのはずです。

 というわけで、大臣の真意を問うべく、つぶやき続けているわけです。
 私があまりにもつぶやくものだから、大臣から2回ほど返信というか、引用リツートをいただきました。

 これは、検定活用からTOEICが離脱した際に大臣の考えを問いただしたのですが、この返答です。この会見で確かに大臣はコメントしましたが、記者から質問されるまで自分からは一切話題にしていません。

 これはまったく意味不明で、どうやら別の方が「言語間の距離」の話などを振ったみたいですけど、なぜか私のツイートに変身する形で全然関係ないことを書いています。「だから」が何を受けているのかわかりません。

 そもそも別に大臣がTwitterをやる義務はないので、すべての質問に答える義理もないと思いますけど、わざわざ自分の意思で国民に返信するなら(引用するなら)ちゃんと元ツイート読んで欲しいし、こちらの意見に対するコメントをいただきたい。そういう心遣いがまったくないんですよね。人を道具のように思っているのかな? 忙しいのはわかるけど、それだったらTwitterやらないほうがいいと思います。

 大臣を見ていて思ったのは、自分の言いたいことだけ言う人が増えたな、ということ。授業中の生徒も、積極的に発話しようとしている姿が見られれば「コミュニケーションへの関心意欲態度」をA評価にしたくなるけど、コミュニケーションって相互的なものなんだから「人の話を聞こうとする姿勢」がなければ、やっぱりBかCですよね。活動中の「発話数」だけで評価をつけちゃうと危ないな、なんて改めて思いました。

 「サイレントマジョリティーは賛成です」とか「やじの権利保障されない」とか、ひどい発言は他にもたくさんあるんですけど、自分絡みで気になった点についてのみまとめました。

 久々に長々とすみません。

「即興」と「準備あり」のあいだ

 「即興性」絡みでもう1つ。忘れないうちに書いておきます。

 「話すこと」が「やり取り」と「発表」に分割されたことで、「即興」という言葉が急に注目されている感じですけど、実際に「話すこと」として考えられる活動を分類すると、下表のようになりますよね。

f:id:anfieldroad:20190825214500p:plain

 この話は、2017年に静岡市にお呼ばれしたときに、亘理センセともお話をしてて、そのへんの話は昔のブログにまとめられています。

 で、AやDに分類される活動も、最終的には一番難しそうなCの「やり取り」をやるときの力を下支えしてると思う、というお話でした。しかもAに入るリテリングとか、Dに入るスキットって、教科書をフルに活用できそうな活動なのも魅力的です。

 今回もうひとつ提案したいのは、「即興」と「準備あり」のあいだ、にある活動です。

f:id:anfieldroad:20190825215208p:plain

  「聞き上手検定」と「しゃべくり7」は、両方ともいわゆるインタビュー活動です。

 「聞き上手検定」は「ALTとのインタビューテスト」ですが、インタビューと聞くとALTが質問するのをイメージしがちですが、この活動では逆で、生徒がALTにインタビューをします。しかも、一つ質問して終わりではなく、1つのテーマについて相手の質問に応じて、継続的に質問を繰り出すスキルが求められます。質問を予め準備しておける点では「準備あり」だけど、インタビュー本番中は「即興」タスクというわけです。

f:id:anfieldroad:20190825215516p:plain

 話は質問する側が主導権を握れるので自由に質問を投げ込めます。よりスキルが高いALTが相手役を務めることで、言葉のラリーが続けやすくなります。テニスに例えるとコーチとラリーをしているような感じ。もしくは壁打ちしているような感じですかね。

 「しゃべくり7」はグループによるALTへのインタビュー。こちらもテーマを1つ決めて、グループで5分間トーク番組のMCになった気分で、ゲストのALTに質問をしていきます。こちらも、前の質問に対するALTの答えを聞きながら次の質問を選択する、というスキルが求められます。

 「即興性」に注目が集まる中で、どうしても「やり取り」の活動は相手の英語力に質と量を左右されてしまいます。片方をALTなどの「上級者」で固定することで、生徒の力をより伸ばすことができるでしょうし、より正確に測定することができるのではないかと思うので、こういう「即興」と「準備あり」のあいだ、を大事にしていくといいかなと思ってオススメしてまわってます。

「即興的に話す」から「即興的に書く」へ

 先日22日には、西多摩中学校教育研究会の英語研究部会様にお招きいただき、お話をさせていただきました。テーマが「即興性」ということで、時代に即したお題ではあるのですが、最近私に与えられたお座敷テーマ類を考えると、少し遠い感じもします。

 そんなわけで慌てて自分のブログ内の「話すこと」の記事をひっくり返してみたのですが、出てくるのは「2S1Q」や「2S3Q」など、初任校での実践ばかり。あの頃は、ペアやグループで即興的に話す活動をいろいろ考えてたなぁと思い出しました。その実践も、これから「即興」に取り組もうと考えている方々にはお役に立つかも知れませんね。

 さて、この「即興」ですけど、当然といえば当然なのですが、どれも即興的に「話すこと」の活動です。でも、即興的に「書くこと」だってありますよね?

 短いパッセージを読んでコメントを書く。届いたメッセージに返信する。どれも、下書きを書いたりすることなく、話すのとそれほどタイムラグがない感じで、文字で「即興的に」メッセージを伝えているじゃないですか。

 そう思って新学習指導要領解説を読み返してみるとキーワード検索してみると、1ヶ所だけ「即興」という言葉と「書くことを」を関連付けて書いている箇所を見つけました。

 

f:id:anfieldroad:20190824222154p:plain

 

 深い意味があって、文科がここにだけ「書いたり」という言葉を入れたのかどうかはわかりません。でも、さっき挙げたようなコメントを書いたり、メッセージを返信したりするような言語活動こそ、現代の子どもたちの英語の(もっと言えば言語の)リアルな使用場面なんじゃないですかね?

 facebookにコメントする、LINEに返信する、Amazonレビューを読んでコメントを書く、Twitterに投稿する。

 中1くらいではまだ文字のハードルが高く、話す活動のほうがスムーズかも知れませんが、中3くらいになると、習熟度の差も開くし、思春期ならではの照れなんかもあって、かえって文字でのコミュニケーションのほうがスムーズだったりします。文字なら、苦手な子もわからない語句を調べることもできるので、習熟度の差も埋められます。だから、私は「文字によるコミュニケーション」をもっと大事に扱ってほしいんです。

 ということで、少し前にエイゴラボという教科書準拠ワークの英作文問題を担当させてもらったんですが、ここではこういった「即興的に書く」活動をふんだんに取り入れています。ぜひご覧になっていただきたいです。

f:id:anfieldroad:20190824223036p:plain

f:id:anfieldroad:20190824223052p:plain

f:id:anfieldroad:20190824223102p:plain

   一昔前は、逆に「書くこと」のテスト問題なのに人が喋ってる吹き出しにセリフを書かせるような「ライティング問題」があったりして「スピーキングの代用としてのライティング」ばかり目についてそれはそれで気持ち悪かったのですが、SNSの発達により「限りなく話し言葉のライティング」というのがリアルな場面になってきたんだなぁと感じます。おもしろいですね。

久しぶりの「お祭り」

 なんだかんだ言って久しぶりのJASELE参戦となりました。大学院を経験して以来、中学校教員時代もできるだけ毎年行ってたんですけど、ここ1〜2年は行けてませんでした。ぼくの中でJASELEはお祭りなので、ほんとねぷた祭りでも見に行くような気持ちで行ってきました。

 もちろん、今回のJASELE参加は、自分にとってこれまでとは違う意味があります。大学教員となって、「教育」という部分ではなんとかスタートを切れた前期ではありましたが、「研究」面は全くといっていいほど後回し。そして、これまでのアカデミックな蓄積がない私にとっては、今後の研究のタネを探しに行くという大切な意味がありました。

 そういう意味で振り返ってみると、個別に巡回した研究発表のテーマ群に、私の現在の関心があるのだと思います。印象に残っているのは、「一貫性と結束性」「ライティングのフィードバック」「即興的な表現力」「ライティングの産出量」「ディクトグロス」「文法指導」というキーワード。

 一見バラバラに見えますが、今の私にひっかかるのはこういう言葉なんですね。書き出してみて、自分で改めて考えると面白いですね。ざっくり言えば、「(ディクトグロスみたいな)何らかのタスクを通して、特定の文法の定着度合いを高めたい」ということなんだと思いますが、TBLTの枠組みというより、文法がどんなふうに学習者に定着していくのか、という過程に関心があるのかも知れません。

 そういう意味では、1日目の最後にあった地区別のフォーラムで扱っていた「名詞句の定着」のお話がとても面白かったです。高校生に後置修飾がどの時期にどのくらい定着していくのかをつぶさに観察しているプロジェクトなんですけど、中学校で習う文法も高校3年間くらいをかけて緩やかに浸透していく、という当たり前といえば当たり前のことを、ちゃんと数字で示してくれていました。

 個人的には、自分がすごく大切だと思っている名詞句を全面的に取り上げてくれて嬉しいんですけど、一方でそんなに大事だと言っている名詞句を(冷静な調査のためとはいえ)明示的には指導しないであくまで自然に定着していくのを見守っている様子には歯がゆさも覚えます。文法練習でも読解練習でも、なんなら音読でも名詞句を取り出してトレーニングしていた自分の生徒たちであれば、もっと高い数値を出すと思うし、そういう方法を研究しないものか、とも思うのですが、プロジェクトに関わる方とお話をさせていただき、研究者が抑制的であるべき理由みたいなものをお伺いして、なるほどなぁとも思いました。(それについては、また別に機会に書こうと思います)

 そもそも修論を書いていた頃の自分も、「指導の効果」みたいな研究にはあまり興味が持てなくなっていました。指導法そのものの良し悪しよりも、指導者の力量の方が大きく影響しちゃいそうに思ってしまって、指導者を問わず生徒にとって重要な問題であるテスティング分野に関心が移って行ったのだと思います。そんなことを考えると、もっとシンプルに、生徒の学びの様子をそのまま記録するような研究に取り組んでみたいとも思うようになった今回の旅でした。

 さて、今回は自分が春に大学へ移ったこともあり、いろんな方々へのご挨拶も重要なミッションの1つでしたが、むしろいろんな方からお声かけいただき、大変恐縮してしまいました。たくさんの人に会えること(そして美味しいものを食べられること)が、やっぱりJASELEがぼくにとって「お祭り」である所以です。そういう意味では、今回もお祭りを楽しむことができました。ご一緒させていただいたみなさま、本当にありがとうございました。

f:id:anfieldroad:20190818172359j:plain