「これって本当に必要?指導の当たり前を疑う」って連載は必要?

今年度は大修館『英語教育』誌で連載をもたせていただいています。「これって本当に必要?指導の当たり前を疑う」というコーナーです。 これまで扱った「当たり前」はこんな感じ。 4月号: Repeat after meって必要? 5月号:ノート作りって必要? 6月号:文…

空気を読んで教師の期待に応えることが「主体的」ということなのか?

3・4年生のゼミでは、TBLTに関する文献をテキストにして、TBLTを理論面から理解すると同時に、実際に模擬授業的に実演することで教師の視点と生徒の視点を体験しながら考えることに取り組んでいます。中高の英語教師を目指す学生が多いので、新しい学習指…

「中学英文法をとらえ直す~コミュニケーションのための英文法指導~」DVD発売!

昨年、公立中学校を離れて私立大学教員となってからは、立場的にも実名で活動することが増えて、最近は実名でのTwitterアカウントも稼働しているし、このブログやanfieldroadという人間と「実名の私」との境界線が以前よりあやふやになってきているように感…

考えるための名前のない技術(2)

さて、前回記事ではアイデアを整理するところまで書きました。 この記事では、実際に文章を書いていく段階で、私がしていることをご紹介します。 以前は文章を書く際にはアウトライナーを活用していました。OmniOutliner等いろんなツールに手を出しましたが…

考えるための名前のない技術(1)

教師の仕事術を語る会@ZOOMというオンライン・イベント(全3回)に参加して、とっても楽しかったです。ZOOMとはいえ、人前でお話をするのは緊張するし、いろんな質問やレスポンスをいただいて、とても刺激になりました。 せっかくなので、そこでお話した(…

今更だけど、提出物は「関心・意欲・態度」の評価対象ではありません(少なくとも英語では)

Twitterのタイムラインに、「関心・意欲・態度」の評価が悪かったために実技は出来てるに評定が悪くなったみたいな話がたくさん流れてきて、特に技能教科のわかりにくい評価規準が叩かれていました。英語も同じように思われてるんじゃないかなぁと心配になり…

Obsidianという刺客が現れた→どうする?→roam researchから乗り換えた

メモ、エディタとしてどんなツールを使うかの長い長い迷走は、今年の春にroam researchとの出会いによって終着を迎えたように感じていたのですが、roamの有料化の報を受け「もちろんYes」と課金した矢先、新たな刺客Obsidianに出会ってしまいました。 いろん…

新しいiPadも出るみたいだし、いろいろアップデートしようっと

新しい第4世代のiPad Airが発表されました。 実は昨年、3月に発売された第3世代のiPad Airに飛びついて買い替えたばかりなので複雑な思いなのですが、スペック見ると今回の第4世代は「買い」ですよね。ほぼ「Pro」ですもんね。下取りに出して乗り換えるかも…

対面授業が始まっている先生方に参考になることをお伝えしたい

勤務先の大学では実は6月から50人以下の授業は対面授業が始まっておりまして、私の担当科目はぜんぶ50人以下ですから、すべて対面授業ということで往復3時間の通勤が再開しておりました。まわりを見渡しても対面をやっている大学はほとんどなかったので、本…

中学校の英語の授業だけでここまでしっかりした英語の音が身につくんだ、という歩く事例

いわゆる英語科指導法の授業を担当して2年目になりました。とはいえ、今年はコロナの影響でオンラインでの授業でスタートしてますので、オンラインでどうやって指導法を指導するかずっと頭を悩ませ続けています。求む、オンライン英語科指導法指導法。 で、…

胡子美由紀先生をゲストにお迎えしての対談ポッドキャスト

有料ポッドキャスト【英語教育2.2CAST】の中でやっている【anfieldroad meets】という対談コーナーに、広島県の胡子美由紀先生にご登場いただきました。先月の松本涼一先生に続いて、現役の中学校の先生お二人目です。 このコーナーでは、素晴らしい実践を積…

GWはおとなしくKindle Unlimitedで読みたかった本を読むことにする

私はKindle Unlimitedを活用しています。 Kindle Unlimitedは月額980円で、読み放題の対象になっている書籍30万冊以上が読み放題になるamazonの電子書籍サービスです。(5/6までは3ヶ月間で合計299円というキャンペーンもやってるみたいです) Unlimitedでは…

『教師のiPad仕事術』は、教師としての「発想法」「思考術」を考えられる一冊だ

著者の魚住先生よりご恵投いただきました。どうもありがとうございます。 教師のiPad仕事術 作者:魚住 惇 発売日: 2020/05/15 メディア: 単行本(ソフトカバー) 別にいただいた本だからリップサービスで言うわけではありませんが、とても面白い本です。だっ…

【英語教育2.2CAST】2020年4月号のご案内

さて、ご好評いただいているポッドキャスト【英語教育2.2CAST】ですが、おかげさまで4月号も多くの方々に買っていただいています。 臨時休校に伴う在宅勤務などもあって、自宅でこれを流しながらお仕事をしてくださったり、お風呂掃除をしてくださったりと…

アウトライナーとWikiを足したようなウェブサービスRoam Researchが研究にもタスク管理にも最強なツールである

いつもながら情報源は「ごりゅごcast」なんですが、少し前にRoam Researchというウェブサービスを知り、使い始めたところ素晴らしかったので、ご紹介します。 roamresearch.com これまで「何に書くか」でいろいろ悩みながら試してきたのですが、これが現状ベ…

なぜ教師は大学の授業で教わったわけでもないノートづくりの方法を、生徒に指導してしまうのか?

大修館『英語教育』2020年5月号が発売になりました。今月の「これって本当に必要?指導の当たり前を疑う」コーナーでは、「ノートづくり」を斬ります。 英語教育 2020年 05 月号 [雑誌] 発売日: 2020/04/14 メディア: 雑誌 ここでいう「ノートづくり」とは、…

ZOOM社のハイレゾ/4Kハンディビデオレコーダーを1年間使ってみた感想は?

少し前からブログのアクセス数が急に増えたなと感じてましたが、1つの理由はこちらの記事に取り上げていただいたことが原因だと思われます。 blog.hatenablog.com この中で、模擬授業撮影用に購入したビデオカメラを紹介した記事が拾われてました。商品を製…

ブログのデザインを変更しました!

突然思い立って、ブログのデザインを変えてみました。 せっかくなのでレスポンシブWebデザイン対応のものにしました。コンピュータのブラウザ、タブレット、スマートフォンと閲覧していただく媒体によって見やすいスタイルに整形してくれる仕様になっていま…

議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書

別に新刊なわけではないけど、少し前からこういう内容が気になってたので買ってみた一冊。面白かったです。 Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書 作者:清水 淳子 発売日: 2017/01/27 メディア: 単行本 会議の議事録をグラ…

スクールプランニングノートを使って、忙しくなりそうな2020年度を乗り切る!

地域によっては「授業のない4月」という不思議な時期をお過ごしの先生もいらっしゃるかと思います。今は時間がありますが、この後学校が再開したら怒涛の日々になりそうだなぁという不安もあることと思います。 ただでさえ、小学校は新学習指導要領になり、…

文法は大事だけど、私が言っている「文法」とあなたが言っている「文法」は果たして同じだろうか

どうも私は昔から間が悪くて、何か意見を大きな声で言うと、自分の意図とは違って捉えられている方々に「イイね」されてしまうことが多いなと思います。 大学入試をめぐる論争でも「4技能民間検定」の共通テストへの利用に反対してたら、「守旧派!」「現場…

新学習指導要領の「主体的に学習に取り組む態度」ってどうやって評価するの?(中学校外国語科編)

画像4枚にまとめ用シリーズの第2弾は、新しい3つの観点のうち個人的に一番納得行かない気になる「主体的に学習に取り組む態度」をピックアップ。 ちなみに前回の第1弾の4枚まとめはこちら。 anfieldroad.hatenablog.com で、今日は「主体的に学習に取り…

新型コロナウイルス対策の条件下、教室でどんなコミュニケーション活動が可能なのか考えてみた

昨年、主催者の私の環境が大きく変わったこともあり、しばらくお休みしていた英語教師の自主サークルを、なんとか再開しようと準備をしていた矢先、新型コロナウイルス流行の影響で、人が集まる会合が難しくなっちゃいました。 ということで、ZOOMを使ったオ…

「『指導と評価の一体化』のための学習評価に関する参考資料」を最後まで読んだので、全90ページある資料をスライド4枚にまとめてみた

だんだんタイトルが長くなってますが、気にせずに。 さて、タイトル通りですけど、第3編の評価事例も読みましたが、モヤモヤは残ったまま。でもそのままじゃ、教育実習に送り出す学生にどう伝えたらいいんだ、ということにもなるので、私なりに今回の資料を…

「『指導と評価の一体化』のための学習評価に関する参考資料」の前半を読んだけど、結局3つの観点の違いがまだよくわからない

昨年からずっと出る出ると言われ続けてきて結局年度末、小学校において新学習指導要領が施行される5日前になって、小中学校向けの新学習指導要領に基づく評価のための参考資料が国立教育政策研究所より公開されました。 www.nier.go.jp 当たり前ですが、英…

Rという言語を学びながら、言語習得の「厳しさ」と「ゆるさ」を考える

今日は、千葉に統計の勉強に来ています。 とても綺麗な街並みなのですが、人も少ないのでなんとなく非現実的な感じです。 さて、統計の勉強とは言いましたが、正確に言うと、統計分析のフリーソフト「R」の使い方を叩き込まれる集中的に学ぶ勉強会に参加して…

MacBook Air+外部ディスプレイ+HHKB+Magic Mouse2で快適な環境に

まだまだ咳き込む日々が続いているので、無料ポッドキャストのほうが再開できていません。そのぶん、というわけでもないですが、ブログは更新しておこうと思います。 使っていたMacBook Proがずいぶん古くなってきたので、ラップトップのコンピュータを買い…

「英語4技能専門塾」という違和感

Twitterでは少し前に書いたのですが、ちょっと前に街を歩いていたら、マンションの外壁に貼られた広告、というか看板が目に入りました。 「英語4 技能専門塾」 4技能専門? なんだろう、この違和感…。 きっと大学入試に民間試験が導入されること(になってい…

大修館『英語教育』新連載「これって本当に必要?指導の当たり前を疑う」

本日発売の大修館『英語教育』4月号が届きました。 英語教育 2020年 04 月号 [雑誌] 発売日: 2020/03/14 メディア: 雑誌 3月号の予告でもご案内いただいてはいましたが、なんと新年度から連載をもたせていただくことになりました。その名も、「これって本当…

小学校英語のジレンマ

ポッドキャスト【英語教育2.2CAST】にもゲスト出演いただいている寺沢拓敬先生の新刊『小学校英語のジレンマ』読了しました。 小学校英語のジレンマ (岩波新書) 作者:拓敬, 寺沢 発売日: 2020/02/22 メディア: 新書 いやー、すごく面白かったです。小学校英…